HOME>オススメ情報>自宅を売りたくなったら。まずはその価格について知ろう

事前に必要なものとは

間取り図

査定とは、不動産会社が対象になる物件の価格を算出することをいいます。それぞれの不動産会社では、それまでに積み重ねてきた実績や、信頼できる価格査定システム、及び直近の市場動向などを基にして、適切な査定価格を算出しています。不動産会社によって対応は分かれますが、事前に必要書類を求めないところも存在します。また面談することに抵抗がある人でも、電話やメールのやり取りのみで対応する会社もあります。このように手軽に査定を受け付けている不動産会社では、事前に特別何か用意することはないようです。とりあえず価格だけを知りたいという人に向いていると方法だといえるでしょう。

提示された価格で販売する必要はあるのか

間取り図

できるだけ不動産を高く売りたいと考えている人は、一度査定を受けてみると、その物件についてのおおよその価格が分かります。不動産会社によっては、無料で査定を行っているところがあるので、興味があれば申し込んでみると良いです。ところで、査定で出た価格でないと販売できないのか心配する声も少なくありません。必ずしも査定価格で販売する必要はないですが、売り出し価格との差が大きいと、売れ残ってしまうリスクがあることは知っておく必要があります。

広告費について

住宅模型

不動産査定を行って提示された金額に納得できれば、販売活動を行うことになります。ところで販売活動を行うためには、その物件について新聞広告や情報誌やインターネットなどに掲載して、広く周知させる必要があります。そうなると広告費が発生してきます。そのため、広告費を別途請求されるのではないかと気にする声があります。これも不動産会社によって対応は異なりますが、大抵の会社では広告費を自社負担しています。しかし心配であれば、事前に確認すると良いでしょう。

広告募集中