相場がわかる不動産会社を選ぼう

男女

マンションを売るときには不動産会社に相談を持ちかけて仲介してもらうのが一般的です。どの不動産会社に相談を持ちかけるべきかで悩んだときには選択基準として相場の理解度が高いことをまず挙げましょう。マンションを売る際に重要なのが相場に近い価格で販売することで、あまりにも高いと買い手が見つからず、安いと損をしてしまうことになります。不動産会社と相談していくらで販売するかを決めることになるため、プロとして適正価格がいくらかを判断できる会社を選ぶのが重要です。具体的には不動産会社に査定をしてもらうことが必要になりますが、必ずしも店舗に行って相談をしなくても問題はありません。メールや電話でも簡易査定を受けられるので、その価格が相場から大きく外れていないかどうかによって良し悪しを判断することができます。前提として相場を理解しておかなければならないのは確かですが、より良い不動産会社を探し出すためには欠かせないことだと考えておきましょう。相場を別に調べるのが大変であれば複数の不動産会社に簡易査定を依頼して比較してみるのも良い方法です。多くの会社が出した査定価格の平均値がおよそ相場だと考えることができるからです。

仲介の仕組みからわかる重要なポイント

マンション

相場を理解しているかどうかを基準として不動産会社を選択すべき理由は仲介の仕組みを考えてみるとよくわかります。仲介は個人間のあるいは個人と法人、法人間の不動産売買について、不動産会社が間に立ってやり取りをしてくれるのが特徴です。マンションを売る場合には買いたい人を探すために販売活動をして候補者を見つけ出してくれます。そのために必要な販売価格の決定のために本査定もしてくれて、具体的な販売計画も立ててくれるのが一般的です。仲介によってマンションを売る方法では販売価格を決めて売りに出しますが、一般的にはその価格での売却にはならないという性質があります。最終的な売買価格は買い手との交渉によって決まる仕組みになっているからです。買い手も相場を調べることができるので相場以下で買いたいと考えるのが当然でしょう。そのため、最終的な落とし込みの価格は相場通りになる場合が多いのです。それを念頭に置いて価格設定をすることができる不動産会社に相談しないと売れなかったり、安く売ることになってしまったりするリスクが高くなります。できる限り相場を正しく把握している不動産会社を選ぶことで損をするリスクが低減されるのです。

広告募集中